肌トラブルを防ぐ方法

外出前に塗って安心

レディ

ドラッグストアなどで売られている日焼け止めは、太陽の光を浴びることで起こる日焼けを防ぐために利用します。
太陽の光には紫外線が含まれており、長時間浴び続けると私たちの肌に日焼けという症状を起こします。
健康的に見える日焼けですが、実際はその裏で肌の奥にまで強いダメージを与えています。
積み重なったダメージは将来のシミやソバカス、さらにはシワといった肌トラブルを引き起こす原因となるため、美肌をキープするためにも日焼け止めを使うことが推奨されています。
日焼けを防ぐ商品ですから、使う時は素肌に塗るのが基本です。
と言っても衣服で隠れる部分にまで塗る必要はなく、外出時に肌を露出する部分だけ塗れば大丈夫です。
身体の全体に塗るのは大変なので、顔や首周りといった、肌トラブルを防ぎたい部位にだけ重点的に塗るのもおすすめです。
選ぶ時に抑えておきたいのが、日焼け止めの性能です。
商品にはSPFという数値が記載されているので、これが大きいものを選んでおくと紫外線を長時間防ぐことができます。
夏場のように汗をかきやすい時期には、塗ったはずの日焼け止めが汗で流れる可能性もあります。
万全を期すには、外出時にも持ち運んで塗り直すと安心です。
コンパクトサイズの商品なら、バッグなどに入れてもかさばりません。
市販されている多くの日焼け止めはクリーム状です。
そのため塗る箇所が多いと面倒に感じるかもしれません。
代わりに最近は飲むタイプの日焼け止めも発売されているので、時間がない方はそうした商品を活用するのも効果的です。

それぞれの魅力とは

女の人

以前、日焼け止めといえば液状のテクスチャーか、クリーム状のテクスチャーの商品が大半でしたが、今では色々なタイプの日焼け止めが出回っています。
使用感や用途に合わせてテクスチャーの違う日焼け止めを使い分ける事によって、より紫外線から肌を守りやすくなるでしょう。
液状タイプの日焼け止めは顔用・ボディ用両方に多い、ポピュラーなテクスチャーの日焼け止めで、保湿成分を多く含んでいるのが特徴です。
テクスチャーが液状になっている顔用の日焼け止めには、化粧下地を兼ねている商品も多く、メイクと紫外線対策を一緒に行えます。
最近、増えているジェルタイプの日焼け止めも顔用・ボディ用があり、伸びが良くサラッとした使い心地が特徴です。
日焼け止めを塗ると肌が重く感じるという方や、男性も使いやすいテクスチャーですので、ジェルタイプは男性・女性問わず使いやすいと言えるでしょう。
また。
ジェルタイプの商品は肌が白くなりにくい、紫外線吸収剤と言われる紫外線防止剤を配合しているケースが多いようです。
日焼け止めを塗ると肌が白くなってしまうのが悩み・・という方にも、テクスチャーがジェル状の商品はおすすめとなっています。
最近はスプレータイプやシートタイプといった、新しいテクスチャーの商品も、多くのメーカーから販売されるようになりました。
スプレータイプは手が届きにくい背中も、スプレーして簡単に日焼け止めを塗れるというメリットがあります。
シートタイプは小さく持ち運びが便利で、首の後ろ側といったケアしにくい部分も、簡単に紫外線対策出来るのがメリットです。
それぞれテクスチャーの違う商品を試してみて、自分に合ったもの・シーンによって使い分けるなどして、紫外線から肌を守ってみましょう。

効果的な成分の把握

女性

夏のスキンケアで日焼け対策をする女性は多いです。
日焼け止めを使うことで肌の色を白く保ち、メラニンの沈着によるシミやそばかすの予防が出来ます。
ですが、日焼け止めに入っている成分の中で、何の成分がどのようにして働くのかを知っている人は多くありません。
これらの知識を持つことで、より効果的な商品選びをすることが出来ます。
日焼け止めのパッケージにはよく「SPF」と「PA」の記載があります。
SPFは、シミやそばかすの原因となる紫外線B波から肌を守る働きの強さを表します。
日焼けをした時な肌が赤くヒリヒリとした状態になるのは、この紫外線B波の影響です。
SPF値が高いものは、それだけ肌を防御する力が高いということです。
PAは、肌の老化を進行させる紫外線A波から肌を守る働きの強さを表します。
紫外線A波は肌の奥深くまで浸透しやすく、ハリや弾力の保持に重要なコラーゲンを壊します。
それによって起こるシワやたるみを防止するのです。
特に紫外線A波は、秋や冬でも浴びる量が多いので、PA値が高い日焼け止めはオールシーズンで活用するのが良いでしょう。
ただ、SPFとPAのどちらも肌に刺激を与えやすい成分です。
敏感肌の人は、数値が少し低めのものを選んでこまめに塗り直すなどの配慮が必要な場合もあります。
数値が高ければ良いと思わずに、自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切です。
他にも保湿効果や美白効果があるので、自分の肌が必要としている効果を考えて選びましょう。

用途に合わせて使い分け

ウーマン

日焼け止めには様々な特徴があります。使い心地や紫外線カット効果など、商品によって様々な違いがあるので、自分の用途に応じて選びましょう。いくつか違う特徴のあるものを揃えておくようにすると使い分けができて便利です。

もっと読む

紫外線ブロックの強さ

レディ

日焼け止めを選ぶ基準は、紫外線ブロックの強度と、テクスチャーがあります。強度は、SPFとPAで表示されるため、紫外線の強い場所に行くときは、数値の高いものを選びます。テクスチャーは、クリームタイプやジェルタイプ、スプレータイプがあります。

もっと読む

価格の幅が広い

ウーマン

日焼け止めは、数百円の物から5000円以上するものまで、価格の幅が広いのが特徴です。一般的には、1000円から2500円の商品が購入されています。価格の違いは、紫外線カット成分プラス、美容成分が入っているかによって決まります。

もっと読む