価格の幅が広い

価格の違いは美容成分

ウーマン

シミやそばかす、老化などを防ぐために、季節を問わず日焼け止めを塗っている女性は多いでしょう。
クリームタイプやジェルタイプ、スプレータイプなど様々な形態があり、シーンに合わせて選べるのも便利です。
毎日使うものなので、できるだけコストパフォーマンスの高いものを選びたいものですが、日焼け止めの価格相場はどれぐらいなのでしょう。
日焼け止めは、安い物は数百円、高いものは5000円以上など、幅広い価格帯で販売されているのが特徴です。
一般的には、1000円から2500円の商品が購入されているようです。
価格の違いは、SPFやPAの強度ではなく、紫外線カット成分以外に、どのような美容成分が配合されているかによって決まります。
保湿成分や、アンチエイジング成分が配合されているものは、価格が高い傾向があります。
また、美容成分といっても、色々なグレードがあるので、高級美容成分が入っているものほど、値段も高くなります。
日常的に使用する日焼け止めは、美容成分配合で肌をケアできる少し高めのもの、海や川などのアウトドアレジャーには、プチプラでSPFやPAの高いものを選ぶなど、使用する目的に合わせて変えるのがベストです。
30代や40代など、年齢を重ねるほどに、美容成分の配合された高価な日焼け止めを評価する人が増え、年齢層によっても、購入する日焼け止めの種類が変わっていくようです。
特に肌に問題がなければ、1000円から2000円の日焼け止めで十分でしょう。

部分によって選べる

婦人

夏の激しい日差しは肌の大敵ですが、そこに含まれる紫外線は特に人の肌にダメージを与えます。
そんな時に活躍するのが、日焼け止めです。
まずは、どんな日焼け止めがあるかといえば、クリームとジェルのタイプです。
この2つの日焼け止め商品は、オーソドックスな商品であり、夏の季節になるとCMでもよく目にします。
腕など、肌の露出する部分に、出掛ける前に塗ります。
しかし、塗るといっても、一人では塗りにくい部分もあります。
届きそうで手が届かない場所には、スプレータイプが重宝します。
霧上の成分が吹き付けられ、暑い日差しから肌を守ってくれます。
また、パウダータイプも人気の高い商品です。
これは、化粧と一緒に日焼け止めをしてくれるので、女性の使用者が多いです。
一緒になっていることで、手間を省いてくれるところも、人気が高い理由です。
多くの女性は、夏場の化粧をするのに、このパウダータイプ日焼け止めを利用して、夏場が終わると日焼け止め成分の含まれていないパウダーに戻ります。
ちょっと変わった日焼け止め商品には、リップ専用の商品があります。
パウダータイプの商品だと、唇までケアすることはできません。
そこで、リップ専用の商品が開発されて、販売されています。
まだまだ、浸透しているとはいえない商品ですが、「唇のケアはどうすべきか」という疑問に応えた商品といえます。
まずは、どの部分に日焼け止めをするのかを決めて、その部分に合った日焼け止め商品を使うようにしましょう。

タイミングや使い方が大事

レディ

一年中、降り注ぐ紫外線を防ぐためには、日焼け止めの利用が欠かせません。
夏場や晴れた日に紫外線が強いのはもちろんですが、雨や曇りといった天気が悪い日、そして冬場も紫外線は絶えず降り注いでいます。
また、紫外線は室内にも届きますから、日焼け止めは年間を通して利用することが大切と言えます。
日焼け止めの選び方としては、一般的に、SPF値とPA値の二つが基準となります。
SPF値は、紫外線B波、PA値は紫外線A波に対する防止効果を表し、数値やプラスの数が多いほど効果が強くなります。
単に、数値が高いものを選ぶのではなく、普段使いなのか、リゾート地へ旅行に行く際に利用するのかといった様に、使い方に合わせて選ぶことが大切です。
そして、日焼け止めの効果を最大限引き出すためには、利用するタイミングとこまめな塗り直しが欠かせません。
日焼け止めは、塗った直後から効果を発揮するわけではないため、外出する30分前には、日焼け止めを塗り終わっているくらいが望ましいと言えます。
また、どんなに強い効果の日焼け止めを塗ろうとも、短時間の間に汗で流れてしまっては、効果は期待出来ません。
こまめに塗り直し、しっかりと日焼け対策をすることが大切になります。
尚、ミルクタイプやスプレーといった様に、豊富な品揃えが用意されていますから、使い心地や好みと言った部分を優先して、日焼け止めを選ぶこともお勧めです。
紫外線の影響は、日焼けに留まらず、シミやしわといった肌トラブルを起こす原因にもなります。
肌にとっては大敵とも言える紫外線をカットするには、自分に合った日焼け止めを年間を通して利用することが、とても大切です。

用途に合わせて使い分け

ウーマン

日焼け止めには様々な特徴があります。使い心地や紫外線カット効果など、商品によって様々な違いがあるので、自分の用途に応じて選びましょう。いくつか違う特徴のあるものを揃えておくようにすると使い分けができて便利です。

もっと読む

紫外線ブロックの強さ

レディ

日焼け止めを選ぶ基準は、紫外線ブロックの強度と、テクスチャーがあります。強度は、SPFとPAで表示されるため、紫外線の強い場所に行くときは、数値の高いものを選びます。テクスチャーは、クリームタイプやジェルタイプ、スプレータイプがあります。

もっと読む

価格の幅が広い

ウーマン

日焼け止めは、数百円の物から5000円以上するものまで、価格の幅が広いのが特徴です。一般的には、1000円から2500円の商品が購入されています。価格の違いは、紫外線カット成分プラス、美容成分が入っているかによって決まります。

もっと読む