紫外線ブロックの強さ

塗り心地や手軽さ

レディ

紫外線は、肌の老化を早めたり、シミやそばかすの原因となったりします。
肌を守るためには、日焼け止めを塗り、肌を保護することが大切です。
しかし、日焼け止めには様々な種類があり、選択に迷ってしまいます。
では、日焼け止めは、何を基準に選べばよいのでしょう。
日焼け止めを選ぶ時の1つ目の基準は、紫外線ブロックの強度です。
紫外線をブロックする強さは、SPFとPAで表示されています。
SPFは紫外線B波をブロックし、20や30などの数字で強度がわかります。
最大強度は50で、海やプールなど、紫外線の強い場所へのお出かけに最適です。
通勤や買い物などの日常的な外出なら、20から30でOKです。
PAは紫外線A波をブロックし、+マークで強度を示します。
+の数が増えるほど、ブロック能力も高くなるため、紫外線が強い場所には最大強度の++++、日常使いには+から++で大丈夫です。
2つ目の基準は、日焼け止めのテクスチャーです。
日焼け止めには、3つのテクスチャーのタイプがあり、それぞれに特徴があります。
クリームタイプは、しっとりと肌に潤いを与えるタイプで、しっかりと塗った感があります。
ジェルタイプは、クリームタイプよりも塗り心地が軽く、サラッとしているのが特徴です。
オイリー肌やニキビ肌の人にも使いやすいタイプです。
スプレータイプは、手が届きにくい場所にもスプレーできるうえ、化粧の上からも使えるなど、手軽に使えます。
これらの事を基準にして、自分に合った日焼け止めを選びましょう。

自分を大切にしましょう

女の人

日焼け止めは今や老若男女に必要なアイテムと言えます。
小さな頃から親の判断で使用している子どももいるくらい身近なものになりました。
紫外線による肌ダメージはとても深刻です。
すぐに赤くなってしまう人もいれば、特にその場でどうこうなるわけじゃない人もいます。
特に後者は紫外線があまり良くないということを自覚しにくいので要注意です。
特に気候が良くなってくるときほど注意が必要です。
夏など太陽の光が照り付けている時には誰もが気を付けようと考えられますがそうでもなければサボってしまいがちになるでしょう。
それは一般的な感覚なので仕方ないのですが実は暑いから紫外線が強い、涼しいから紫外線はないということにはならないと覚えておくことが必要です。
できれば一年中日焼け止めを使用するのが好ましいです。
最近では紫外線を遮る効果が強くてもつけた感覚がべったりしないなどの工夫もされています。
肌に色々とつけたくない、ぺったりとした感覚が苦手という人も自分に合うものを探して使用してみるといいでしょう。
店員に相談してみるとアドバイスも受けられます。
特に肌が弱いなどの不安がある場合は市販のものではなく皮膚科を受診し、意見をもらうのがベストです。
使用して合わないなと感じた時にはすぐに使用を注意するなどの自衛も大切です。
まずはインターネットや実際に店頭、病院に出向き自分に合った日焼け止めを探すところからはじめてみましょう。
紫外線のダメージは蓄積されます。
未来の自分のためにもしっかりと日焼け止めを活用していきましょう。

日常的な予防が大切

女性

「日焼け止め」というとどんなイメージを持っている方が多いでしょうか。
海や公園、キャンプなど、夏場に日差しが強い場所へ出かけるときに使うアイテム、そんな風に認識している方も多いかもしれませんね。
たしかに、日差しが強い場所へ出かける時には、日焼け止めが欠かせません。
しかし、実は日焼け止めはもっともっと身近なアイテムなのです。
気づかない方も多いようですが、紫外線は日常的に浴びていて、日焼けやシミの原因になっています。
すぐに大きな変化はなくても、気づいたらシミができてしまっているなど、とくに女性にとってはショックなことをもたらすこともあるのです。
ですから毎日の日焼け止めが実は欠かせないのです。
日焼け止めと一言にいっても色々な種類の物があります。
日常的に使うなら、SPF10くらいのものがオススメです。
仕事で外回りが多い方などであっても、SPF30くらいのものでよいでしょう。
最近は、化粧下地などに日焼け止め効果がプラスされたものも多いので、毎日使う場合はそちらを選ぶとお手軽です。
海や公園など、一日中外にいることや、日差しが強い場所へ行くならSPF30〜50くらいのものを選びましょう。
SPFが高めの物は、しっかり日焼けを防いでくれますが、やはりそれなりに肌に負担がかかりますので、一日の終わりにはしっかりクレンジングして落とすのを忘れないでくださいね。
将来のシミを予防するなら、早い段階からしっかり紫外線予防をするのが欠かせません。
後悔したくない方は今すぐに日焼け止めを使い始めましょう。

用途に合わせて使い分け

ウーマン

日焼け止めには様々な特徴があります。使い心地や紫外線カット効果など、商品によって様々な違いがあるので、自分の用途に応じて選びましょう。いくつか違う特徴のあるものを揃えておくようにすると使い分けができて便利です。

もっと読む

紫外線ブロックの強さ

レディ

日焼け止めを選ぶ基準は、紫外線ブロックの強度と、テクスチャーがあります。強度は、SPFとPAで表示されるため、紫外線の強い場所に行くときは、数値の高いものを選びます。テクスチャーは、クリームタイプやジェルタイプ、スプレータイプがあります。

もっと読む

価格の幅が広い

ウーマン

日焼け止めは、数百円の物から5000円以上するものまで、価格の幅が広いのが特徴です。一般的には、1000円から2500円の商品が購入されています。価格の違いは、紫外線カット成分プラス、美容成分が入っているかによって決まります。

もっと読む