用途に合わせて使い分け

それぞれの特徴をチェック

ウーマン

日焼け止めにはいろいろな特徴を持った物があります。
用途や肌の状態などに応じて、使いやすいものをその都度選んでいくようにしたいものです。
まず日焼け止めの形態の特徴を見ていきます。
よく使われるのはクリームタイプのものです。
塗りやすく使いやすい形ではありますが、塗った後に白く残ることもあります。
乳液タイプのものは肌に伸ばしやすいですが垂れやすくて塗りにくさを感じる方もいます。
こちらも場合によっては白く残ることがあるようです。
最近はジェルタイプのものなども販売されています。
もともと無色であるため肌につけても白く残りにくく、日常で利用しても違和感がないといえます。
さらに、パウダータイプのものもあり、お化粧の仕上げとして利用することができるものもあります。
次に日焼け止めには数値の違いがあります。
SPFという値は紫外線B波をカットする力を数字で表し、PAは紫外線A波をカットする力を+の数で示します。
外で長時間日を浴びる場合には数値が高めのものが効果的です。
しかし、これらの値が高いことは肌への負担が大きいという事も出もあるので、日常生活の中でつけていくという事であれば、数値が低めで肌に優しいタイプを選ぶのがおすすめです。
このように日焼け止めと一口に言っても、いろいろな特徴を持った物があることが分かります。
使うシーンや自分の肌の状態を見極めて適切なものを選んでいくことが、紫外線対策として重要なことといえるでしょう。

紫外線防止効果を出すには

鏡を見る人

肌に起こる老化の大半は紫外線が原因と言われており、シワやたるみ・シミにくすみといった年齢肌を悪化させてしまいます。
年齢を重ねても若々しい肌をキープするためには、日頃から紫外線対策をしっかり行うというケアが重要です。
毎日行う紫外線対策としては、日焼け止めを塗って肌を紫外線によるダメージから守るという方法が基本となっています。
しかし、日焼け止めを塗っていれば必ず紫外線から肌を守れるという事はなく、正しい方法で使わなければ紫外線防止効果は半減してしまうので注意しましょう。
日焼け止めの効果を最大限引き出すには、肌に塗る量を守る事が必要で一般的に、使用する際の適切な量は0.6gから0.8g程度と言われています。
液状タイプの商品であれば約1円玉2個分、クリームタイプの場合はパール2粒程度の量を塗り広げると、日焼け止めに記載されている程度の紫外線防止効果を得られるようです。
日焼け止めを購入する際、SPFやPAといった紫外線防止の数値を確認して、商品を選ぶ方が多いのではないでしょうか。
実は規定されている量をしっかり塗らないと、SPF30程度の数値があってもSPF5程度の紫外線防止効果しか現れません。
特に顔は化粧崩れや白浮きを気にして、日焼け止めを塗る量を少なくしてしまいがちですが、効果がかなり下がってしまうので、必ず規定量塗りましょう。
化粧崩れ・白浮きが気になるという場合は、規定の量を1回で塗り広げるのではなく、2回・3回と少しずつ塗っていくと肌に馴染むのでおすすめで。
体など広範囲に日焼け止めを使用する際は、クルクルと円を描くように日焼け止めを塗ると、ムラなく塗り広げられます。

最新の商品をチェック

婦人

美容業界・化粧品業界は常に新しい商品が開発されていますが、日焼け止めも例外ではなく年々、色々な機能をプラスした商品が販売されています。
同じ日焼け止めを購入するのであれば、ただ単に紫外線防止効果に優れているだけでなく、付加価値の高い最新の商品を選んでみるのも良いでしょう。
パソコンやスマートフォンを長時間、使用するという方はブルーライトをカットする、最新の日焼け止めの使用がおすすめです。
パソコン・スマートフォンから出るブルーライトも、太陽光のUV-A・UV-Bと同じように肌を老化させ、色素沈着を引き起こすと言われています。
メーカーの中にはこのブルーライトに着目し、ブルーライトを肌へと浸透させないような成分を配合した日焼け止めを作っています。
ブルーライトカット機能の他に、今注目されているのが肌のバリア機能をアップさせる成分を配合した、最新の日焼け止めです。
セラミドといったバリア機能をキープするサポート効果のある成分を入れて、紫外線防止の他に肌への刺激を軽減するような作りとなっています。
バリア機能を高める成分を配合した日焼け止めは、敏感肌の方も安心して使えるとして人気を集めているようです。
機能性で考えるのであれば、紫外線防止効果だけでなく肌色補正の機能もある、日焼け止めも使いやすいのでおすすめです。
色ムラや毛穴をカバーする機能があり、ファンデーションを厚塗りしなくても透明感のある美肌を日焼け止めで作る事が出来ます。
最新の日焼け止めはプラスαの機能がついているので、紫外線のダメージから肌を守りつつ、他の効果も期待出来る点が魅力です。

用途に合わせて使い分け

ウーマン

日焼け止めには様々な特徴があります。使い心地や紫外線カット効果など、商品によって様々な違いがあるので、自分の用途に応じて選びましょう。いくつか違う特徴のあるものを揃えておくようにすると使い分けができて便利です。

もっと読む

紫外線ブロックの強さ

レディ

日焼け止めを選ぶ基準は、紫外線ブロックの強度と、テクスチャーがあります。強度は、SPFとPAで表示されるため、紫外線の強い場所に行くときは、数値の高いものを選びます。テクスチャーは、クリームタイプやジェルタイプ、スプレータイプがあります。

もっと読む

価格の幅が広い

ウーマン

日焼け止めは、数百円の物から5000円以上するものまで、価格の幅が広いのが特徴です。一般的には、1000円から2500円の商品が購入されています。価格の違いは、紫外線カット成分プラス、美容成分が入っているかによって決まります。

もっと読む